作業員

危険なアシナガバチの巣を発見したら駆除業者に頼ろう

方法や費用の相場

作業員

ネズミが住み着くと、食べ物は荒らされますし、騒音被害も発生します。しかし害獣駆除業者に依頼すれば、ネズミを粘着シートで捕えたり燻煙剤で追い出したりしてもらえます。料金は駆除範囲によって異なっていて、相場は20坪で10万円ほどです。また再発生に備えた、低料金でのアフターフォローもおこなわれています。

詳しく読む

被害が大きくなる前に

アライグマ

アライグマは見た目はかわいいのですが、実は気の荒い凶暴性の強い動物で、毎年多くの人が被害に遭っています。アライグマは時に家屋内に侵入しそこをすみかとする場合があるので、早めに専門業者に依頼し駆除してもらいましょう。

詳しく読む

上手に駆除して安全に暮す

ハチの巣

1年限りしか使用されない

アシナガバチの巣は、軒下やベランダなど、人間の生活圏内に作られることが多く、ハチに刺されないためにも、家の周りを小まめにチェックすることが大切です。初期段階は、4センチから5センチで、最大で15センチほどになります。他のハチとアシナガバチの巣を区別する方法としては、外部から六角形の巣穴が見える、シャワーヘッドのような形で、巣穴が上や下を向いているなどが挙げられます。開放的な空間に作ることを好み、外側から、中にいる白い幼虫が見えるという特徴もあります。アシナガバチの巣は、1年限りしか使用されず、翌年に使われることはありません。しかし、生き残ったアシナガバチが、翌年、同じ場所に巣を作ることはあります。

木酢液で予防できる

アシナガバチに巣を作られないようにするには、木酢液をスプレーする方法があります。毎年同じ場所に作られているなら、あらかじめスプレーをしておくと、アシナガバチが近寄ってきません。また、虫よけネットを吊るしておくという方法もあります。出来てしまった巣は、殺虫剤を使うと駆除できます。ハチ用だけでなく、ゴキブリ用殺虫剤でも駆除できます。アシナガバチが巣から出て行ったら、ヘラなどを使い地面に落とし、袋に入れて処分します。ハチが中に残っている場合もあるため、気をつけて行いましょう。駆除する場合は軍手や帽子、サングラスなどで、露出しているボディーパーツをカバーしながら行います。自分で手に負えない時は、害虫駆除の業者に頼むのが無難です。

被害は予防できます

ねずみ

素人によるねずみ駆除は不完全な上に時間がかかる事から余計に費用がかかる事があります。業者へ依頼すれば短期間で駆除する事ができます。優良な業者なら駆除後の環境改善についても丁寧にアドバイスしてくれます。

詳しく読む